スポンサーサイト

  • 2016.12.19 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    カズ先生の作品 多年草 11月

    • 2016.12.18 Sunday
    • 14:04
    なあ孫よジィジとジジイはちがうのよ 佳作
     いつもわたしを「ジィジ、ジィジ」なついている三歳の孫が、ある日、何を言い間違えてか、私のことを「ジジイ」と呼んだ。どっきりするやら、その違いをどう教えたらよいやら・・・
    語の乱れ受け入れるのも民主主義
     ら抜き言葉やら、辞書にも本来誤用であるがと断りつつそうした使い方もあるという。語の乱れは文化の乱れと思いつつも多勢に無勢。多いもの勝ちは民主主義ですか。
    大統領なればなったで様になる
     米国大統領選挙はマスコミ的には大番狂わせ。世界中がポピュリズムの大波に洗われる。大混乱が予想されるものの滑り出しは結構様になっているので驚き。いつ馬脚が出るかわかりませんが、予想が外れることを祈りつつの一句。
    題詠 「売る」
    古物商売りにだすならまず亭主 銅賞
     断捨離とか終活とか、そんな言葉がちらつく昨今。お宝、骨董も「結局は大事にしておいてください」で終わり。最初は売りに出すなら「まず家内」とやったが、とんでもことと「まず亭主」になりました。
    政治家は良心売って大物に
     最近の政治家ならぬ政治屋ばかりが目立ちますが。結局は良心的なんて言うのはもともと政治家には不向き。良心売れば売れ程、今時の政治家は大物と称される習い。そう思えば納得。
    商いは真心売ってお銭(あし)得る
     なんだか標語みたいですが。商いで真心を感じさせてもらいたいものです。それがまわりまわって本当の利益。そういう世の中で生きていきたいものです。商売の神様はそう言うはずです。

    スポンサーサイト

    • 2016.12.19 Monday
    • 14:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック